Caseフルリフォームのリフォーム事例

快適な住まいで「家族の今」を愉しむ暮らし

千葉県 T様 16年

  • 爽やかでウッディなリビングダイニングは心地いい風の抜けるリゾートホテルのような雰囲気になりました

  • キッチン越しに家族との会話が弾む空間になりました。

  • 洗面化粧台は再利用し、タイルをデコレーションしたり、壁紙を張り替えたり、鏡の形を変えるなどセンスが光る空間になりました。

  • エコカラットの豊富なデザインに機能性を兼ね備えトイレもグレードアップしました。

  • 木製ウッドシャタ―の天然木の風合いは優しく光と風を取り込みます

  • 爽やかでウッディなリビングダイニングは心地いい風の抜けるリゾートホテルのような雰囲気になりました

  • キッチン越しに家族との会話が弾む空間になりました。

  • 洗面化粧台は再利用し、タイルをデコレーションしたり、壁紙を張り替えたり、鏡の形を変えるなどセンスが光る空間になりました。

  • エコカラットの豊富なデザインに機能性を兼ね備えトイレもグレードアップしました。

  • 木製ウッドシャタ―の天然木の風合いは優しく光と風を取り込みます

  • 全面リフォームで暮らしの質をあげて快適に過ごせるようになりました

    元々和室だった場所はリビングを拡張し明るく開放的な空間になりました。押し入れの収納はそのままのスペースを残し、クローゼットとして利用できるスペースのほか布団などの大型のものが収納できるスペースを設けたりと有効的に活用出来ています。

    また部屋の間仕切りとして木製のウッドシャタ―を取り付け、圧迫感なく空間を分ける工夫が施されています。

    ウッドシャッターはルーバーになっているので、角度によって採光も通風も可能なので、全居室の扉にも採用されました。

    全面リフォームで暮らしの質をあげて快適に過ごせるようになりました

    元々和室だった場所はリビングを拡張し明るく開放的な空間になりました。押し入れの収納はそのままのスペースを残し、クローゼットとして利用できるスペースのほか布団などの大型のものが収納できるスペースを設けたりと有効的に活用出来ています。

    また部屋の間仕切りとして木製のウッドシャタ―を取り付け、圧迫感なく空間を分ける工夫が施されています。

    ウッドシャッターはルーバーになっているので、角度によって採光も通風も可能なので、全居室の扉にも採用されました。

  • 白い柱にもインテリア性を持たせました

    爽やかでウッディなリビングダイニング。
    白い壁に、木目の美しいキッチン、深いブルーのタイル、バランス良く配置されたグリーン。

    全てのコントラストがリゾートホテルのような雰囲気を醸し出しています。

    構造上どうしても動かせない柱もリフォームでひと手間を加えればインテリアにアクセントが生まれます。

    フローリング、キッチン、ルーバーなどウッド調の建具の中に、素材の違うタイルを施すことでの『強調』と、ポイントの全てに天然の素材を使ったことの『調和』が生まれリゾート感覚の爽やかさだけではない、高級感が演出されています。

Outline概要

所在地 千葉県
築年数 16年
リフォーム費用 1277万円
リフォーム前の悩み キッチンが日中でも暗く、熱がこもりやすい。和室がうまく活用できていなかった。
こだわり条件 ■明るい対面式キッチン
■光と風を取り入れられるウッドシャター(ナニックジャパン)を全居室の扉に採用
■エコカラットやタイルを取り入れ、デザイン性と機能性を重視
■明るくさわやかな印象のフローリング

上へ