Caseフルリフォームのリフォーム事例

2戸をつなげて、ベストな間取りに

東京都 T邸 6年

  • リビング・ダイニングは足触りの良い無垢材フローリングを使用

  • 家族が集う空間は、開放感を保ちつつ落ち着いた雰囲気に

  • 廊下壁面の薄い空間を利用した本棚は家族全員の書籍を収納

  • 大型シューズクローゼットを隣接して、物を置かない広く明るい玄関

  • ガラス越しに見える奥へ続く期待感

  • リビング・ダイニングは足触りの良い無垢材フローリングを使用

  • 家族が集う空間は、開放感を保ちつつ落ち着いた雰囲気に

  • 廊下壁面の薄い空間を利用した本棚は家族全員の書籍を収納

  • 大型シューズクローゼットを隣接して、物を置かない広く明るい玄関

  • ガラス越しに見える奥へ続く期待感

  • 木色の統一感が醸しだす品格

    購入当時の間取りは2つの住戸をそれぞれ住宅と事務所にしていたという5L2DK。
    バスルームやキッチンも重複していました。182.8㎡という広さを生かし、ゆったりとした3LDKの暮らしやすいプランに再構成することがT邸のリフォーム課題でした。

    最も日差しが入る場所にはリビング・ダイニングを配置。テレビボードなど隠す収納を造りつけて、すっきりと伸びやかな空間にしています。明るさをもたらす白い壁に対し、床は落ち着いた木色のアメリカンブラックチェリー。足触りが子供にやさしい点も気に入ったといいます。それに合わせて家具や建具、ブラインドも木色で統一。
    温かみがあり、洗練された印象になりました。

    木色の統一感が醸しだす品格

    購入当時の間取りは2つの住戸をそれぞれ住宅と事務所にしていたという5L2DK。
    バスルームやキッチンも重複していました。182.8㎡という広さを生かし、ゆったりとした3LDKの暮らしやすいプランに再構成することがT邸のリフォーム課題でした。

    最も日差しが入る場所にはリビング・ダイニングを配置。テレビボードなど隠す収納を造りつけて、すっきりと伸びやかな空間にしています。明るさをもたらす白い壁に対し、床は落ち着いた木色のアメリカンブラックチェリー。足触りが子供にやさしい点も気に入ったといいます。それに合わせて家具や建具、ブラインドも木色で統一。
    温かみがあり、洗練された印象になりました。

  • ひとりでも大勢でも使いやすいキッチン

    北向きのキッチンは白い面材を用い、明るさを重視しました。
    キッチンとリビングの窓を開ければ爽やかに風が抜けていきます。

    大勢でも料理ができるようにキッチンカウンターは壁付けと独立型の2種類を並列し、シンクも2つ。煮物用のIHコンロ、焼き魚はガスコンロ、さらにガスオーブンなど調理に合わせた器具を設置。身長に合わせ、高さや奥行なども奥様が時間をかけて吟味したキッチンです。

Outline概要

所在地 東京都
築年数 6年
こだわり条件 ・2つの住戸をひとつにプラン修正
・LDKを落ち着く空間にする
・キッチンを明るく広い対面式に変更
・玄関を広くする
・収納を増やす

上へ