Caseフルリフォームのリフォーム事例

60年代のカフェにいるような居心地よい家

千葉県 A邸 築28年

  • 内窓がアクセントのLDK。夏はバルコニーからの風が家中を快適にしてくれる

  • 廊下の格子窓が、訪問者を明るく開放的なLDKへと誘う。イメージは「街の路地」

  • 趣味のキーボードが楽しめる、オーディオルームも洗練の空間に

  • 素材と照明にこだわったエントランス

  • 内窓がアクセントのLDK。夏はバルコニーからの風が家中を快適にしてくれる

  • 廊下の格子窓が、訪問者を明るく開放的なLDKへと誘う。イメージは「街の路地」

  • 趣味のキーボードが楽しめる、オーディオルームも洗練の空間に

  • 素材と照明にこだわったエントランス

  • イメージパースに惚れて・・・フルリフォームを決意

    「当初はiPhoneに入った音楽を浴室でも良い音響で聞きたいという思いから、浴室リフォームだけを依頼する予定でした。でも僕が何気なく話した理想の住まいを、担当の方が建築パースにしてくれて、それに惚れこんでしまったんです。結果、大がかりなフルリフォームになりました。」とA様。

    A様の理想の住まいは「60年代のカフェみたいな家」。
    天井・壁は、壁紙を貼らずペンキ仕上げとし、塗り方もあえて丁寧に塗らず”ラフな印象”に。単調にならないよう、あえて一面だけ壁の色を”アースカラー”でアクセントにしています。そして、照明は蛍光灯ではなく、あたたかい色合いの間接照明を採用。やさしい明りが室内を満てしてくれ、ほっこりと心和むおしゃれなカフェのような空間になりました。

    イメージパースに惚れて・・・フルリフォームを決意

    「当初はiPhoneに入った音楽を浴室でも良い音響で聞きたいという思いから、浴室リフォームだけを依頼する予定でした。でも僕が何気なく話した理想の住まいを、担当の方が建築パースにしてくれて、それに惚れこんでしまったんです。結果、大がかりなフルリフォームになりました。」とA様。

    A様の理想の住まいは「60年代のカフェみたいな家」。
    天井・壁は、壁紙を貼らずペンキ仕上げとし、塗り方もあえて丁寧に塗らず”ラフな印象”に。単調にならないよう、あえて一面だけ壁の色を”アースカラー”でアクセントにしています。そして、照明は蛍光灯ではなく、あたたかい色合いの間接照明を採用。やさしい明りが室内を満てしてくれ、ほっこりと心和むおしゃれなカフェのような空間になりました。

  • 猫専用のくぐり戸で室内を自由に移動できるように

    夏のエアコンは猫にとって冷えすぎということも多いようで、エアコンがついた部屋から出たがるため、ドアは開けっぱなし。電気も無駄になってしまいます。
    人にとっては暑く感じられる室内環境を改善するため、猫が行き来する部屋全てに「猫専用くぐり戸」を設置。

    その他にも、ペットを飼っているご家庭でご要望が多いのが床材。
    ペットの毛の抜け変わりの時期になると、毛がフローリングの溝につまったり、カーペットに絡まったりして掃除がしにくというもの。
    溝のないタイル敷きにすることで、掃除をしやすくして人にとっても、猫にとっても快適な住まいを実現しました。

Outline概要

所在地 千葉県
築年数 築28年
リフォーム費用 850万円
こだわり条件 ■60年代のカフェのような雰囲気の空間
■天井と壁は壁紙ではなく、ペンキ仕上げ
■間接照明で雰囲気をつくる
■スタイルに合わない和室を解体して寝室を広く、収納を使いやすく
■猫が自由に行き来できるように猫用の扉を各部屋に設置
■段差が多かった床をフラットに、床材にもこだわって掃除のしやすさアップ

上へ