Caseキッチンのリフォーム事例
  • HOME
  • キッチン
  • デッドスペースの和室をなくして、LDKを広く明るく

デッドスペースの和室をなくして、LDKを広く明るく

千葉県 K邸 16年

  • ワイン好きのご夫妻のリクエストで作った、ワインセラーを置くスペース

  • ワイン好きのご夫妻のリクエストで作った、ワインセラーを置くスペース

  • 「キッチンが動かせるとは想像がつかなかった・・・」

    今のキッチンがある場所は、以前6畳の和室でしたが、完全にデッドスペースになっていて、荷物置き場とたまに来るお客様の寝室として使うのみでした。

    「和室はわが家に不要だと思っていましたが、リフォームするにしても、和室を洋室にするくらいで、キッチンが動かせるとは想像がつかなかった・・・」と話すK様。

    当社にお問い合わせをいただいたのも、日焼けした畳交換のお話でした。担当者は和室を撤去してキッチンを動かせば、広々としたスペースを作りだせると提案。水まわりであるキッチンが移動できるとは思ってもみなかったK様は、この提案で一気に気持ちがリフォームへ向かったそう。

    和室の床張り替えに合わせて、色合いが重く暗い印象だったインテリアは、白を基調とした明るい色調で統一。
    対面式のキッチンは機能的で、使い勝手が良く、どこにいても部屋全体を見渡せます。

    「キッチンが動かせるとは想像がつかなかった・・・」

    今のキッチンがある場所は、以前6畳の和室でしたが、完全にデッドスペースになっていて、荷物置き場とたまに来るお客様の寝室として使うのみでした。

    「和室はわが家に不要だと思っていましたが、リフォームするにしても、和室を洋室にするくらいで、キッチンが動かせるとは想像がつかなかった・・・」と話すK様。

    当社にお問い合わせをいただいたのも、日焼けした畳交換のお話でした。担当者は和室を撤去してキッチンを動かせば、広々としたスペースを作りだせると提案。水まわりであるキッチンが移動できるとは思ってもみなかったK様は、この提案で一気に気持ちがリフォームへ向かったそう。

    和室の床張り替えに合わせて、色合いが重く暗い印象だったインテリアは、白を基調とした明るい色調で統一。
    対面式のキッチンは機能的で、使い勝手が良く、どこにいても部屋全体を見渡せます。

  • 高さも幅もちょうど良い“食品庫”

    元々和室にあった押入スペースを活用して、キッチン突き当りに食品庫を新設。

    奥行き約30cm、高さも1.8mに抑えているため、最上部の棚に収納した物の取り出しもラクラクできて、どこに何が入っているのかがひと目でわかる最適サイズです。

    食品庫の裏側(洋室)のウォークインクローゼットも拡張し、衣類が整理しやすい棚を新設しています。

Outline概要

所在地 千葉県
築年数 16年
リフォーム費用 750万円
リフォーム前の悩み 使わない和室がデッドスペースになっている

定額制で自由設計ができるリノベーション、はじまる「住みたい」はデザインできる。bespo[ビスポ]野村不動産グループのリノベーション定額制で自由設計ができるリノベーション、はじまる「住みたい」はデザインできる。bespo[ビスポ]野村不動産グループのリノベーション

上へ