Case子育て時間を楽しむリフォーム

あたためていたイメージをかたちにしたリフォーム

東京都 N邸 15年

  • リビングへ続く扉は光を十分に取り入れるガラス素材に。

  • 玄関横の納戸には大きな鏡も設置し、靴やコートを出がけにコーディネートできる空間へ。

  • Wボウルの洗面化粧室はホテルライクな仕様に。

  • リビングへ続く扉は光を十分に取り入れるガラス素材に。

  • 玄関横の納戸には大きな鏡も設置し、靴やコートを出がけにコーディネートできる空間へ。

  • Wボウルの洗面化粧室はホテルライクな仕様に。

  • 家族が最もくつろげるリビングダイニング

    オープンキッチンを選ぶ人が多い中で、あえてキッチンが見えないようにデザインされています。見せないことで生活感を感じさせずシンプルですっきりとしたリビングダイニングになりました。

    下がり天井はリビングを暗く感じさせていましたが、天井を広げたことにより、天井が高く明るい印象になりました。またカーテンの幕板も壁と一体化するようにクロスで巻き込む施工をし、窓を大きく見せ、光をたくさん取りこみ、明るく美しいリビングを演出しています。

    リビングの中央にソファーを置いたことや、ベージュのじゅうたんに映えるグリーンを樹木の観葉植物にしたことで室内に高級感が漂います。

    家族が最もくつろげるリビングダイニング

    オープンキッチンを選ぶ人が多い中で、あえてキッチンが見えないようにデザインされています。見せないことで生活感を感じさせずシンプルですっきりとしたリビングダイニングになりました。

    下がり天井はリビングを暗く感じさせていましたが、天井を広げたことにより、天井が高く明るい印象になりました。またカーテンの幕板も壁と一体化するようにクロスで巻き込む施工をし、窓を大きく見せ、光をたくさん取りこみ、明るく美しいリビングを演出しています。

    リビングの中央にソファーを置いたことや、ベージュのじゅうたんに映えるグリーンを樹木の観葉植物にしたことで室内に高級感が漂います。

  • なめらかな鏡面仕上で統一されたキッチン

    白い重厚感のある壁に囲まれている、ダイニングから続くキッチン。框組(かまちぐみ)と言われる古くからある家具の面材の仕様をキッチンの扉に使い、光沢のある鏡板は白で統一し、美術品のような仕上がりとなっています。IHコンロは極力カウンターと凹凸が出ないものを選ばれ、冷蔵庫も鏡面仕上げのデザインを選ばれています。
    一つ一つのこだわりが、全体の統一感を生みだし、美術品のような美しいキッチンを生み出しています。

Outline概要

所在地 東京都
築年数 15年
こだわり条件 ■壁に付けずに部屋の真ん中にソファーを置きたい
■室内のメインカラーは白
■カーテンの幕板や壁の厚みにこだわることで重厚感を出した

上へ