HowToよくあるご質問

よくあるご質問

マンションリフォーム編

リフォームは、壁紙や設備機器の変更など小規模な改修を意味しており、リノベーションは間取りの変更や配管交換などを含む大規模な改修を意味しています。
間取りの変更はマンションの構造に大きく左右されます。「ラーメン構造」のマンションは柱と梁で建物を支える構造のため間取り変更しやすく、「壁式構造」は部屋を区切っている壁も構造壁のことが多いため自由に間取りを変更することは難しいです。
大規模なリフォームでも、部屋ごとにリフォームすれば住みながらでもリフォームは可能ですが、そのぶん工事の日数は増えてしまいます。工事の日数が増えるということは、それだけ人件費などもかさみます。
一戸建て住宅のように梅雨時や台風シーズンを避ける必要はありません。マンションリフォームは基本的に室内だけですので、季節などを気にする必要はありません。
多くのマンションでは電力量の制限が管理規約で決められています。オール電化を導入すると大幅に電力量を使用することになりますので、事前の確認が必要です。
管理規約によりますが、不可能な場合が多いです。マンションの玄関ドアは共用部分のため、勝手に変更することはできません。ただし、防犯性の高い鍵に交換することは可能な場合が多いようです。
マンションの管理規約で設置場所などに制限が設けられてない場合であれば基本的には可能です。ただし、床下の配管スペースがどれくらい確保されているかの状況により対面式キッチンへの変更が出来ない場合もあります。
基本的に追い炊き機能を追加すると配管を1本増やす必要がありますので、管理規約で制限されている場合が多くあります。
基本的には専有部分ですので可能です。しかし、管理規約で防音性などを確保するために使用する材質に制限がある場合もありますので事前確認が必要です。
マンションの窓は共用部分のため、交換などは不可となります。しかし、断熱性や防音性を高めたいのであれば窓の内側にもう1枚窓を設置する内窓方式をおすすめします。

一戸建てリフォーム編

リフォームのメリットは、これまで過ごしてきた思い出や良いところを残しながら不満を解消できるというところ。建て替えのよさは、既存の建物の構造に制約されないので、自由に設計できるところです。 しかし、昔と今の建築法規が異なりますので建て替えで、元の家よりも狭くなったり、建て替えができないという場合もあります。工事費用もどちらが安くできるのかはお宅によりますので、お気軽にご相談ください。
太陽光発電・蓄電池や高効率給湯器、建物そのものの断熱化により、エコで省エネができる家にすることができます。建物の状況やお客様それぞれのライフスタイルにあわせてご提案させて頂きます。
1981年(昭和56年)以前に建てられた建物の場合は、適切な耐震診断の上、補強工事をおすすめします。地震に対して安全な建物を設計するための新耐震設計基準は1981年(昭和56年)に改正され、大幅に条件が強化されました。
ある程度は変更することができます。 状況により、梁や耐震壁の位置を変更する場合は、適切な補強工事で建物の強度の見直しが必要です。建物の状況によって異なりますので、お気軽にご相談ください。
アフターサービスをご用意しています。 アフターサービスの内容及び、期間は当社のアフターサービス基準に準じて行います。 詳細をお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。

中古住宅を購入してリフォーム編

リフォームを踏まえて中古住宅を購入予定であれば、リフォームの経験が豊富なリフォーム会社に同行を依頼して、やりたいリフォームが可能な物件かどうかを判断してもらうのが得策です。
スケルトンリフォームとは、居室内の壁や床、天井などすべて取り除き骨組だけの状態にすること。 最近ではスケルトン状態にした中古マンションも売りだされていて、好きな間取りに変更できるメリットがあります。
リフォームは、壁紙や設備機器の交換などの小規模な改修を意味しており、 リノベーションは間取りの変更や配管交換などを含む大規模な改修を意味しています。
間取りの変更はマンションの構造に大きく左右されます。 「ラーメン構造」のマンションは柱と梁で建物を支える構造のため間取り変更しやすく、「壁式構造」は部屋を区切っている壁も構造壁であることが多いため自由に間取りを変更することが難しいです。
多くのマンションでは電力量の制限が管理規約で決められています。 オール電化を導入すると大幅に電力量を使用することになりますので、不可能なケースも少なくありません。オール電化への変更が条件であれば、必要な電力量が確保できるかどうかを物件購入前にしっかり確認しましょう。
床下の配管スペースがどれくらい確保されているかで施工方法が変わり、費用にも大きな差が出てきます。また、状況により対面型キッチンへの変更が出来ない場合もあります。

上へ