POINT目的別リフォームのポイント

【目的別リフォームのポイント】和室をなくして洋室に間取り変更

和室を洋室に変更すると費用はいくら?

和室を洋室に変更
6畳の和室を洋室に変更する費用(目安)30万円~/一式

間取り変更で明るく広々とした部屋に

使わない和室を洋室に変更される方が大変増えています。 多くの和室はリビングダイニングに隣接する位置にありますので、和室をなくしてLDKを広々と使いたいというニーズが目立ちます。 限られたスペースを有効に使う為にも、使わない部屋などがある場合は、一度ご相談ください。

Before どの部屋も小さく狭く、奥の部屋が暗い。
After リフォームで広々したLDKに。

間取り変更で注意したい点

マンション編

構造に注意

鉄骨造

間取り変更の妨げとなる柱が少ないため、ご希望の間取りをそのまま実現できる可能性が高い構造です。

鉄筋コンクリート住宅

鉄筋コンクリート住宅には大きく分けて2つの構造があります。 ラーメン構造は、柱と梁で建物を支える構造のため、間取りの変更が比較的自由にできます。 一方、壁式構造は、床・壁・天井の計6つの面で建物を支える構造のため、間取り変更が困難だと言われています。

管理規約に注意

マンションでは、リフォームをする場合の決まりごとを管理規約の中で定めています。 畳をフローリングやカーペットに変更する場合は、防音規約とも絡んできますので、使用する床材が定められた防音性能をきちんとクリアするものであるかの確認が必要です。また、上下左右の住戸にお住まいの方に、工事の概要を説明して、承諾を得なければならないマンションもあります。

水まわり設備の配置替えに注意

マンションでは、床下の配管スペースがどれくらい確保されているかで、キッチンや、浴室などの水まわり設備が移動できる距離が決まってきてしまう場合や追加工事が発生し、別途費用がかかる場合があります。状況により移動できないこともありますので注意が必要です。

一戸建て編

構造に注意

在来工法

木造住宅の中では法的な規制枠内でかなり自由にプランできます。ただし、ひと部屋を大きくしたり、大きな開口部を設けるときは補強が必要な場合もあります。

2×4工法

壁自体が構造体となり建物を支えている為、間取り変更は難しい場合が多いです。まずはご相談ください。

プレハブ住宅

工場で規格生産された部材を一定の設計ルールに基づいて組み上げていく工法。プレハブ住宅メーカーにより 設計ルール・部材が異なることからリフォームしにくいと言われています。

鉄骨造

間取り変更の妨げとなる柱が少ないため、ご希望の間取りをそのまま実現できる可能性が高い構造です。

鉄筋コンクリート住宅

鉄筋コンクリート住宅には大きく分けて2つの構造があります。ラーメン構造は、柱と梁で建物を支える構造のため、間取りの変更が比較的自由にできます。 一方、壁式構造は、床・壁・天井の計6つの面で建物を支える構造のため、間取り変更が困難だと言われています。

上へ

×

お問い合わせいただく前に

当社は、お客様の個人情報を適切に保護することを事業運営上の重要事項と位置付け、個人情報の保護に関する法律その他関係法令に従い、以下のとおり、お客様の個人情報を、細心の注意をもって、管理してまいります。
詳細につきましては、「個人情報保護方針」をご覧ください。

フォームに入力いただきました個人情報は、お問合わせいただきました内容の回答に関するご連絡のために利用いたします。
お客様への回答のために野村不動産グループ各社にて対応させていただくことが適切と判断される場合に、お客様の住所、お名前、電話番号、電子メールアドレス、お申し出内容などを電子媒体にて提供することがあります。
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降の回答となりますのであらかじめ、ご了承ください。
お問い合わせ内容によりましては、返信にお時間をいただく場合や返信できかねる場合がございますのであらかじめ、ご了承ください。
当社からお客様へ送信する電子メールは、お客様個人宛てにお送りするものです。回答の内容の一部または全部を転載、二次利用することはご遠慮ください。

個人情報を入力するにあたり、必須項目以外の入力は任意となっております。任意項目へご入力いただかなくとも当社からの回答に影響はございません。

お問合わせに関する個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止)をご希望の際には、「野村不動産パートナーズ株式会社 お問い合わせ窓口」まで申し出ください。

03-3345-0611

お問い合わせフォームへ
×

お問い合わせいただく前に

当社は、お客様の個人情報を適切に保護することを事業運営上の重要事項と位置付け、個人情報の保護に関する法律その他関係法令に従い、以下のとおり、お客様の個人情報を、細心の注意をもって、管理してまいります。
詳細につきましては、「個人情報保護方針」をご覧ください。

フォームに入力いただきました個人情報は、お問合わせいただきました内容の回答に関するご連絡のために利用いたします。
お客様への回答のために野村不動産グループ各社にて対応させていただくことが適切と判断される場合に、お客様の住所、お名前、電話番号、電子メールアドレス、お申し出内容などを電子媒体にて提供することがあります。
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降の回答となりますのであらかじめ、ご了承ください。
お問い合わせ内容によりましては、返信にお時間をいただく場合や返信できかねる場合がございますのであらかじめ、ご了承ください。
当社からお客様へ送信する電子メールは、お客様個人宛てにお送りするものです。回答の内容の一部または全部を転載、二次利用することはご遠慮ください。

個人情報を入力するにあたり、必須項目以外の入力は任意となっております。任意項目へご入力いただかなくとも当社からの回答に影響はございません。

お問合わせに関する個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止)をご希望の際には、「野村不動産パートナーズ株式会社 お問い合わせ窓口」まで申し出ください。

03-3345-0611

お問い合わせフォームへ
×

お問い合わせいただく前に

当社は、お客様の個人情報を適切に保護することを事業運営上の重要事項と位置付け、個人情報の保護に関する法律その他関係法令に従い、以下のとおり、お客様の個人情報を、細心の注意をもって、管理してまいります。
詳細につきましては、「個人情報保護方針」をご覧ください。

フォームに入力いただきました個人情報は、お問合わせいただきました内容の回答に関するご連絡のために利用いたします。
お客様への回答のために野村不動産グループ各社にて対応させていただくことが適切と判断される場合に、お客様の住所、お名前、電話番号、電子メールアドレス、お申し出内容などを電子媒体にて提供することがあります。
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降の回答となりますのであらかじめ、ご了承ください。
お問い合わせ内容によりましては、返信にお時間をいただく場合や返信できかねる場合がございますのであらかじめ、ご了承ください。
当社からお客様へ送信する電子メールは、お客様個人宛てにお送りするものです。回答の内容の一部または全部を転載、二次利用することはご遠慮ください。

個人情報を入力するにあたり、必須項目以外の入力は任意となっております。任意項目へご入力いただかなくとも当社からの回答に影響はございません。

お問合わせに関する個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止)をご希望の際には、「野村不動産パートナーズ株式会社 お問い合わせ窓口」まで申し出ください。

03-3345-0611

お問い合わせフォームへ